ファッション情報

・アバクロ・

あなたは「アバクロ」を知っていますか?

「ユニクロ?」まぁー、似たようなもんです。

「アバクロ」と言うのは、アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)の略。

エヴィス・HOUSTONヒューストン・diesel同様、人気のあるアメカジファッションブランドです。

アバクロは「デービット・アバクロンビー」によって、1892年に創設されました。

当初は、キャンプ用品・釣り用品・狩猟用品の専門店でした。

8年後の、1990年に弁護士だった「エズラ・フィッチ」が、経営に携わり、4年後の1904年に

「アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)」というブランドネームになった。

しかし1907年に、創設者であったデービット・アバクロンビーが経営からはなれた。

ブランドネームはそのまま。

全米では、350店舗以上あり、数多くの有名人・著名人も来店する。

「アバクロキッズ」といって、6歳から14歳までを中心に子供服も販売している。

『Abercrombie & Fitch』は大人用

『abercrombie & fitch』は子供用

ハリウッドスターや、サッカーでお馴染みのデビッド・ベッカム夫妻、ここ日本でも木村拓哉が愛用している世界中に人から愛されているブランド。

もちろん、有名人のファッションの発信力もありあますが、誰でも簡単にオシャレに決まるアメカジテイストがあるので、ミリタリーバッグと併せて見たり、インポートブランドと合わせてみたり…とスタイルをオシャレに組み合わせられる事からも人気が高いブランドです。

残念ながら日本には、まだ上陸の予定がなく、ネットや、エヴィス・HOUSTONヒューストン・dieselを扱うセレクトショップなどでしか手に入れる方法はないようです。

しかしコピーなどニセモノが多く出回っていて、ネットオークションに出品されている7〜8割はニセモノだと言われている。
また、ここでは書ききれませんでしたが、日本ではGAP、H&M、ビームス、リーバイスなんかも定番ブランドですよね。特に私は高校生の頃からリーバイスのジーパンにはまっていて、かれこれ10年以上愛用しているんですよ!!

 

・ニセモノの見分け方・

ニセモノの見分け方は、素人目には、難しいといわれている。

本物の商品には、必ずツヤのあるショップタグ(紙タグ)が付いている。

そこには8ケタの数字が印されている。この番号には、アイテムの種類・原産地・サイズなどの情報が入っている。

本物であれば、同じアイテムでも、カラーやサイズが違えば、8ケタの数字は違うものになる。

ニセモノは、このタグの部分まで手が込んでいないのが多い。

アバクロはタグが凝っているのに対して、ラベルが浮いてたり自体が少し異なってたりしてた場合はほぼ100パーセントニセモノだと言っても良いでしょう。

本物のボタン・ジッパーには『abercrombie』または『A &F』とマークがある。

ポロシャツは、ボタンが2つ付いている。1つ・3つなどはニセモノ。

 

・アバクロの姉妹店・

アバクロに姉妹点があるのをしっていますか?

わたしは、恥ずかしながら分かりませんでした(;;´з`)そんな私のように分からなかった人のために

簡単ですが紹介したいと思います。

 

 

・ルールナンバー925 (RUEHL NO.925)

新しく作られたアバクロの姉妹ブランドで、アバクロに比べると年齢層が高めで大人な感じ。

値段のほうもアバクロに比べると高い。しかし独特な高級感に仕上がっている。

シンボルマークは、とっても可愛いフレンチブルドッグとRUEHL NO.925のイニシャルの『R』になっている。

 

・ホリスター (HOLLISTER)

東海岸をコンセプトに作っている「アバクロ」に対し、西海岸をコンセプトに作られていた姉妹ブランド。

カリフォルニアのサーフスタイルをイメージ。サーフ人気が強くなるとともに、有名ブランドに成長していった。

「アバクロキッズ」と同様に価格が低く設定されている。

10代から20代に高い人気がある。

HOLLISTERのシンボルマークは、カゴメになっています。